BLOG

2018-07-28
Bagcollection12

以前製作したバッグを一回り小さくしてもう一度製作したものです。
私はこの変わったフォルムはお気に入りの1つになっています。
ドレスや衣服、女性的な曲線を意識してデザインしたバッグです。

特にマチについては一般的にはやらないであろう形に敢えてチャレンジしてみました。
実際このバッグの一番の難所はマチの縫製でバッグを立体的にする為にいせ込みや引っ張りながら縫製したりと、色々なテクニックが必要となる部分です。
玉を挟んでいるので余計に神経も使います。
ですが思った通りの形状が出た時は喜びもひとしおです。
持ち手の付いているバッグの口回り部分も大きく凹んでいるのも特徴の1つで、肩からバッグを下げた時に身体に密着します。
ドイツ製の型押しのカーフレザーを使用しています。
ヨーロッパの革はこの手の派手な色の微妙なニュアンスの出した方がやはり上手ですね。
少し派手ではありますが、美しいフューシャピンクのバッグです。
興味がある方はコンタクトページよりご連絡ください。

Posted in BLOG | No Comments »
Comment





Comment



CAPTCHA